ED(勃起不全)について

ED(勃起不全)は多くの男を悩ませるコンプレックスであると同時に、ほとんどの男性が加齢とともに罹患してしまう症状でもあります。

EDとは、勃起機能の低下を意味する言葉です。Erectile Dysfunctionの略であり、直訳すると勃起不全もしくは勃起障害という意味の病気です。

昔からEDに悩む男の人は多く、性的な相談を受け付けるカウンセラーが一番よく聞かれる心配事はEDのことという統計データも出ています。

また、少し前まではEDとは中年の悩みだったのが、ここ近年でEDに悩む若者の数は急激に増えているというデータも増えています。

勃起不全・勃起障害という言葉だけで判断するのなら、刺激を受けてもまったく勃起しないことをEDと呼ぶと思われがちですが、EDの定義はもっと広いです。

EDの定義は以下のような感じです。

軽症……勃起する時としない時がある

中等度……勃起はするものの十分に勃つことはなく、性行為に及べないときがある

完全度……勃起しない

といった風に分けられており、中折れもEDに当てはまるし、高齢または体調不良でなくとも起こりうることもEDを広義に解釈すれば当てはまります。

具体的には、「陰茎の隆起の発現あるいは維持できないために、満足に性交を行うことができない状態が75%の確率で起こることがEDである」と協会に定義づけられています。

また、EDとはあくまで勃起不全のことを表す言葉であって、性欲の有無や精子の有無で満足に性行為が行えないことはEDとは言いません。それらはまた別の治療法が必要です。

これは勃起不全の直接的な被害であり、EDはこの勃起しなくなること以外にも間接的にダメージを与えてきます。 それは、精神的なダメージ――自信喪失です。

EDになるということは、男性のある意味での象徴である男性器が機能しなくなるということであり、それはそのまま己の自尊心を傷つけることに繋がります。

こういった弊害があるので、ED(勃起不全)は早急かつ確実な治療が必要です。


このページの先頭へ