EDの種類

EDは原因によって大きく4つのタイプに分けることができます。

器質性ED(血管や神経の障害が原因)

加齢に伴うものであれば、動脈硬化が最も代表的な原因です。

動脈硬化になってしまうと、血管が十分に広がらないため血流が悪くなり、結果として海綿体全体へ十分な血液が流れ込まないためEDが起きやすくなります。

また、高血圧、高脂血、高血糖、糖尿病などの生活習慣病や現代病でも血のめぐりが悪くなりEDを引き起こすことが考えられます。

脳出血やアルツハイマーで脳に損傷を負った場合も器質性EDの原因になります。

心因性ED(ストレスやコンプレックスが原因)

日常で積み重なったストレスやプレッシャーがEDを引き起こす原因になります。

例えば、性交時にセックスパートナーに「ダメな男」、「下手くそ」、「早い」、「短い」などと罵倒されると自尊心が傷つきEDに陥りますし、「結婚生活が上手くいっていない」「子供を強く望まれている」「睡眠不足」といったような場合でもEDに陥ります。

また、幼少期の教育や性的トラウマがEDの原因になることがありますが、これも心因性EDの一種です。

混合型ED(器質性ED+心因性EDが原因)

高血圧や糖尿病などの器質性EDに加え、その器質性EDであることをストレスに思い心因性EDも患ってしまうことが原因です。

実はEDに罹患している人の割合の中で一番多いのがこの混合型EDです。

薬剤性ED(特定の薬剤の服用が原因)

一部の種類の薬剤は、EDの原因たりえる成分を含んでいます。

具体的には中枢神経に作用する薬剤、末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化器官に作用する薬剤が薬剤性EDの原因になるような成分を含んでいます。

ED治療の種類

一部の種類の薬剤は、EDの原因たりえる成分を含んでいます。

ED治療はEDの種類によって異なります。

自分のEDの原因を踏まえたうえで、その原因に対してしっかりと効果があるED治療法を選ばなければED完治への道は遠のきます。

投薬治療

ED治療の中で最もポピュラーな治療法です。

精力剤を服用することで体内の不調を正し、それによって器質性EDの原因を打破することが目的です。

具体的には血流改善や血管拡張、新陳代謝の向上、精力・性欲の増強、滋養強壮効果の上昇などを為すことでEDの治療を目的としています。

また、副次的な効果として「EDを治す薬を飲んだ! これで大丈夫だ!」という前向きな気持ちも生まれやすいので、そのことにより精神の安定を生み、結果として心因性EDを治す可能性もあります。

そのため、投薬治療は「器質性ED」「心因性ED」「混合型ED」を治療することに期待できます。

通院治療

病院や専門クリニックに行くことでEDを治療します。

まず、知っておかなければならないこととしてED治療には手術は必要ありません。

むしろ、病院でのED治療はED治療薬(=バイアグラ・レビトラ・シアリス)を投薬されることがほとんどです。

そのため、効き目は十全ですが、根本的な治療には至りません。

また、カウンセラーによる問診がメインのED治療を行っているクリニックもあります。

これは器質性EDや薬剤性EDにはまったく効果がありませんが、心のケアがはかれるので心因性EDの最適な治療法として知られています。

通院治療は「器質性ED」「心因性ED」「混合型ED」を治療することに期待できます。


このページの先頭へ