ペニスを大きくしよう

ペニスサイズは性交の時だけでなく、それ以外でも男を悩ませる要因たり得ます。

統計データで出た日本人の勃起時の平均ペニスサイズは12センチ前後です。

そして、漠然とペニスが大きいと思われている欧米諸国の勃起時の平均ペニスサイズは17センチ前後です。

その差は5センチで、日本人のペニスサイズが小さいことが分かります。

もちろん、「欧米人のペニスが大きすぎるだけで、日本人のが世界的に見たら普通かもしれないだろ!」と思っている方もいると思います。

しかし、国籍問わず女性が平均して一番気持ちいいと感じるペニスサイズは16センチ前後というデータも出ており、これは女性器は膣口から16センチの部分が一番気持ちいいということです。

つまり、日本人のペニス(平均サイズ=12センチ前後)は女性を満足させるにはサイズが短いということです。

そして、多くの女性は日本人のペニスサイズに満足していないという女性誌で集めたアンケート結果もあります。

また、ペニスサイズが小さい人は弱気になりがちという統計データも出ています。

これは「女性にどう見られるか・思われるか」ということよりも、銭湯やサウナで「他の男性と比べてどうか」ということの方に起因していると言われています。

ペニスを男性の象徴として捉えているのは、実は女性より男性の方が多いです。

そのため、周りの男性よりもペニスサイズが小さいというのは実は精神的負荷が大きく、それにより弱気になりがちなのです。

下手をするとこの弱気が性交に対する忌避感に繋がり、EDを招くことも十分にあり得ます。

だからこそ、多くの男性は自分のペニスサイズを大きくするために色々なことを試しているのです。

ペニス増大の方法

ペニス増大する方法を紹介しています。男性なら誰もが夢みているはずですので、参考んしてください。

ペニス増大は男の悲願

ペニスの大きさに悩む人は多いです。

「今より5センチ長かったら……」「細すぎるから彼女が不満そうにしている……」「銭湯やサウナに行くのが恥ずかしい……」といったような悩みを抱えている男性は多く、それも年齢を問いません。

性欲が強い20代や30代ならともかく、もう性交をする機会があまりないであろう50代や60代、それ以上の年齢の人でもペニスの大きさを気にすることを意外と思う人もいますが、介護を受ける立場になってペニスが委縮して短小になってしまい男性用の尿瓶が使えず、女性の尿瓶やカテーテルで排尿することを嫌がる男性は多いのです。

だからこそペニス増大を試みる人は後を絶ちませんし、ペニス増大器具やペニス増大系精力剤はヒット作を生み続けています。

そして、ペニスを大きくする手術はクリニックにもよりますが予約が必要になるくらいの人気手術です。

ペニス増大法の種類

ペニス増大の方法はいくつかあります。

以上がペニス増大方法として世間に認知されています。

もちろん、全ての方法でペニスサイズの増大を見込むことはできますが、それぞれ効果の効きや聞くまでの速さ、信頼性、コストが変わってくるので内容や特徴をしっかりと把握しておくことが必要です。

たとえば、ペニス増大手術は確実性と即効性がありますが、ペニス増大法の中で最もお金がかかりますし、万が一の時のリスクが一番大きいです。

対してペニス増大エクササイズは初期投資は無料なので最も安くペニスのサイズアップを狙うことができますが、そのぶん確実性は薄れ、効果が発現するのにも時間がかかります。

このようにペニスのサイズアップの方法は色々とありますが、結局は自分のライフスタイルや経済状況に応じて吟味する必要があるのです。

当サイトではあらゆるペニス増大法の内容と特徴を紹介していますので、それら情報をしっかりと把握した上でペニスのサイズアップを試みましょう。

ペニスがサイズアップすることで確実に人生に前向きになれますし、確実に異性から好感をもたれやすくなります。

このページの先頭へ