長茎手術とは

長茎手術とは読んで字の如く、ペニス(=茎)を長くする手術です。一般的に「ペニス増大手術」とも言われます。

そもそも、ペニスの根元は体内にあり、恥骨と靭帯で繋がれています。

長茎手術は恥骨からある程度靭帯を剥離させることで、体内に埋まっているペニスを体外へ引っ張り出し、それによりペニスを長くする手術を指します。

ペニス増大手術は「切る手術」と「切らない手術」の2種類あり、その種類によって手術の費用や難易度は変わってきます。

ペニスサイズが短いと性交に支障をきたすこともあるほか、セックスパートナーの相手からの心証が悪くなりますし、それ以上に、男としてのプライドが傷つけられます。

一言で言うならばペニスが小さいと男として弱気になってしまうことが多く、これは世界各地のセックスに関する統計データでも立証されています。

また、女性に快感を与える度合いもペニスが大きい人に比べて弱くなってしまいます。

そのため、長茎手術をするということは、単にペニスサイズを長くするといった直接的なメリットだけでなく、間接的に「男としての自信を取り戻す」ことと「性交で女性をより気持ちよくする」ことに期待することができます。

以下に、切る手術と、切らない手術の違いをまとめました。

切る長茎手術

多くの男性器クリニックで行われている長茎手術で、通称「埋没部露出術」と呼ばれている手術です。

陰毛の上部あたりの下腹部を切開してペニスの余剰部分を引き出す手術で、剃毛することが必須です。

皮膚を切開するので性感染症に罹患する恐れがあり、それを防ぐために術後も最低1ヶ月程度の間はアフターフォローと称して入浴や性交に制限を設けている場合が多いです。

また、手術したあと傷跡が残ることもあるので、料金こそ安いものの満足していない人も多いです。

切らない長茎手術

この切らない長茎術はかなり高度な技術を要する手術方法で、切る長茎手術を3、400人こなしてからでないと到底行えないと言われているほどの難易度を誇ります。

男性器クリニックでこの切らない長茎術を行っているところは滅多にありません。

しかし、傷跡も残らないだけでなく、すぐに陰茎を使用できるようになり、さらに人体への負担がかなり少ないことから多くの人が望んでいる手術です。

こういった特徴のため肥満体型の方や高齢の方にとても人気です。

具体的には陰茎の根元から針・糸を通し、靭帯を固定することで長茎を可能とする方法で、仕上がりの綺麗さと剃毛範囲の少なさ、そしてすぐに性交や入浴ができるようになることから今後の長茎手術の主流になることが予想されます。

実際に手術を受ける際は、それぞれのメリット、デメリットを勘案したうえで、どちらにするか決めるのが良いでしょう。もちろん、最終的にはドクターに相談し、その意見も聞いてみましょう。


このページの先頭へ