ゼクノリンの特徴

※2016年、ゼクノリンの日本での販売が終了しました。現在は購入することはできませんので、ご注意ください。

ゼクノリンの臨床実験結果

「ゼクノリン」はロングセラーの精力剤であり、これは入れ替わりの激しい精力剤市場において、効果に確実性・信頼性があることを意味します。

ゼクノリンの主な効果効能はゼファルリンと同じくペニスのサイズアップです。

臨床実験で体質や年齢が違う6,500人もの人に対して確実なペニス増大をもたらした精力剤であり、平均4センチ強のペニス増大が見込めるので安心と信頼を勝ち取っている精力剤でもあります。

また、勃起力・勃起持続力・勃起回復力も向上させる効力があることでも知られています。

ゼクノリンは血流を促進させることによる一時的なペニス増大ではなく、陰茎海綿体(=ペニス)を形成する細胞や男性ホルモンの分泌促進などペニスを根底からサイズアップさせる効果が期待できるので、年齢や体質を問いません。

このことが多くの男性の信頼を獲得しています。

ゼクノリンの画像

ゼクノリンの安全性・副作用

ネット広告や雑誌ではゼクノリンの他の精力剤も紹介していますが、中には人体への安全性が確保されていない精力剤もあります。

たとえば、血流への作用が大きい精力剤。

ペニスに流れる血液の量を多くすることは確かに有効ですし、勃起時のペニスサイズは確実に大きくなります

そのため、血流を促進させるサプリメントは数多くありますし、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬で血流を改善することでペニスのサイズアップを目論む人も大勢います。

しかし、薬剤を用いての血流・血圧の変化は、心臓に大きな負担を与えます。

そのため、確実な効果こそ見込めるものの、非常にリスキーな行為とも言えます。

しかし、ゼクノリンを服用することでのペニス増大は血流への作用が少ないので、リスクはありません

ゼクノリンの含有成分は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進させるものです。

つまり、男性ホルモンの分泌量を増やしてペニスサイズを通常時から大きくすることに期待できるのです。

通常時からのサイズアップが実現すると、それに伴って勃起時のサイズアップも望めます。

こういった点は他の血流作用系精力剤とは異なります。

ゼクノリンのペニス増大メカニズム

※2016年、ゼクノリンの日本での販売が終了しました。現在は購入することはできませんので、ご注意ください。


このページの先頭へ